25歳女 恥ずかしがり屋の彼からのサプライズ

保育士をしている25歳女です。

20歳の頃、友だちの紹介で会った男性とお付き合いを始めました。

話が面白く真面目な彼に夢中だったわたしでしたが彼はイベント事や記念日に興味がなく、付き合いたての頃はホワイトデーのお返しですら貰えませんでした。

ケチというわけでもないようなのですが、その辺の女心がわかっていなくて気が回らなかったようです。

付き合い初めて4年、相変わらずイベント毎にサプライズを用意したりプレゼントをあげたり、1人で頑張っていたわたしでしたが彼は喜んでくれるものの彼からの企画は無しという感じでした。

その頃にはそういう人だからこれからもわたしが企画して楽しむことができればいいやくらいの気持ちでいた気がします。

ある何も予定のない休日、2人で部屋でまったりしていると急に彼が「今日の夕ご飯、お店を予約してあるから」と言い出しました。

行きたいお店でもあったのかな?くらいな気持ちだったので「珍しいね~」と返したのを覚えています。

夕方になり、久しぶりの外食ということもありいつもより少しお洒落をして車に乗り込みました。

「どこに行くの?」と聞いても彼は笑っているだけでした。

着いたところは行ったことのないような創作料理のオシャレなお店でした。

店に入ると「お待ちしていました」と店の奥に通され、次々と食べたことのないようなオシャレな料理が運ばれてきました。

驚いているわたしに彼は「今日は特別な日だから。

」と伝えました。

その日は記念日でもなく誕生日でもなく…なにか忘れていたっけ?なんて考えながら料理を食べました。

一通り料理が運ばれてくると最後にデザートが運ばれてきました。

大きなお皿に綺麗に盛られたケーキとフルーツ。

お皿には彼からの「いつもありがとう。

これからもよろしくね」というメッセージが書いてありました。

驚きと嬉しさで泣きそうになっている私に「結婚してください」と指輪を出してプロポーズしてくれました。

返事はもちろんOK、嬉しくて泣きながらデザートを食べました。

すぐに入籍をして今では2人で仲良く暮らしています。