アラフォー女性、あんなクリスマスプレゼントに絶句

Yukoです。

アラフォー女性です。

今日は、男性からもらってうれしかったプレゼントについて書いてみたいと思います。

プレゼントって、心躍りますよね。

欲しかったものをプレゼントされたら余計にうれしいですし、それが気になる男性からだともっとテンションが上がるものです。

私が前の会社に勤めている時の事。

たまに会って食事したり飲みに行ったりする別部署の男性がいました。

今は私も彼もその会社を辞めてしまったので疎遠ですが、当時はいろいろ会社では言えないことを話したり、愚痴を言ったりして、結構仲が良かったんです。

彼とは年代も近かったですし、話も結構合ったので、定期的に会っていました。

ストレス発散にちょうどよかったんです。

ある時、クリスマスプレゼントに何か欲しいものをプレゼントしてあげる、と言われたので、私はなんでもいいよ、と答えていました。

その男性とはお付き合いしていたわけではないですし、特にその時は欲しいものも思い浮かばなかったんです。

今思えば、何かリクエストしておけばよかったのかもしれませんが。

また会う時にでも、そのプレゼントをくれるのかなあ、と思ったら、家に送ってあげる、というのです。

毎日顔を合わせるのに、わざわざそんなことしなくてもいいのにな、と思って少し不思議に思っていましたが、送りたいということに否定する理由もないので、ありがとう、とだけ言っておきました。

ちょうどクリスマスの日くらいになって、そのプレゼントが家に届きました。

小さめの段ボールの箱に入っていて、外装箱には「化粧品」と書いてありました。

あの人、なんで化粧品なんて私に送ったのだろう、と謎でしたが、さっそく開けてみました。

すると、マトリヨーシカ並みに厳重にくるまった大人のおもちゃが出てきました。

びっくり仰天です。

その瞬間一人で大爆笑でしたね。

当時私は実家に暮らしていたので、家族の前でそのプレゼントを開けなくてよかったな、と思いました。

後日、なんでわざわざ大人のおもちゃなんか送ったのか、とその彼に聞いてみたら「お前絶対好きそうだから。

びっくりさせたかったし。

」という答えでした。

私の会社での印象っていったい何なんだ、という感じでしたね。

せっかくもらったので、後日そのおもちゃで遊んでみましたーこの話は今回は詳しくしませんが。

彼のユーモアと素敵なプレゼントでほっこりしたクリスマスなのでした。