30歳女 ジーンズ 自信をつけてくれた

現在30歳の女です。

今の夫とおつきあいしていたときの話です。

彼はいわゆる「優しい」タイプの人間ではなく、自立したタイプの人間で、相手に対して言わなければと思ったことははっきりいうし、相手によってはそれがきつく感じてしまうことのある人です。

ですが情に厚く、人を見下したり見放したりすることのない人で私はそういうところを本当に尊敬しています。

私には昔からコンプレックスがありました。

それは足が太いことです。

上半身はそれほど太くないのですが、下半身の筋肉のつき方がやたらしっかりとしていてアンバランスなのです。

そのためズボンを買うときは太ももに合わせるとウエストがゆるゆるということが頻繁にあり、ベルトで締めるにしてもなんだか格好がつかないのが悩みでした。

そのため自然にロングスカートばかり履くようになっていました。

足首だけは細いので、丈が合うととてもほっそりしたように見せることができました。

本当はボーイッシュな格好もしたいなあと愚痴っていると、彼はそんな私を見て「ズボンだって履けばいいのに」と言いましたが、私にはそんな勇気はありませんでした。

なにより試着するときの店員さんとのやりとりに以上に緊張して恥ずかしくなってしまうのが嫌だったのです。

ある歳の誕生日の前の日に、仕事帰りにも関わらず彼はケーキを買って来てくれました。

それだけで嬉しかったのですが、「明日買い物に行こう、贈りたいものがあるから選んでね。

」と言われ、今までそんな体験をしてこなかったのでとてもワクワクしていました。

次の日に向かったのはなんとジーンズショップでした。

まさか一番いくのが嫌なところに連れてこられるとは・・・とショックを受けていたのですが、彼はずんずん中に入っていって店員さんを捕まえてはっきりと「僕の彼女なんですけど、足が太いと言ってジーンズを履くのが怖いみたいなんです、沢山試着して気にいる物を見つけてあげたいのですがいいですか?」と聞いていて、私はとても恥ずかしかったのですが彼があまりにも真剣で嬉しそうなので渋々試着することにしました。

店員さんもとても親切にしてくれて「お姉さんと同じ悩みの人は日本人にはとてもおおいんですよ、それにしてもいい彼氏さんですね!」と言ってくれました。

彼も私が何を着ても「それも似合ってるよ、ぴったりしててもキレイなんだから自信持って履いたらいいんだよ」と言ってくれ、選ぶ楽しみを発見させてくれました。

値段のこともあまり考えず選んだものが想像以上に高かったのですが、彼は嫌な顔一つせず、プレゼントラッピングまでしてくれて、私にくれました。

今は妊娠してお腹が大きくなってしまいそのジーンズは全く履けなくて悲しいのですが、大切にとってあります。